2014年04月19日

県下最大級のライブハウス「ポルテシアター」マスコミサミットに『ハローゼア』勢が参加&映画PR!

ビオラ田町1Fに誕生した、県下最大級のライブハウス「ポルテシアター」にて行われた
マスコミ関係者向けのサミットに、
私をはじめ『ハローゼア』キャストであるおっく、めぐみ(Spoon)、畑中摩美が招かれ、
そこで映画PRの機会をいただきました。

マスコミ関係者およそ70名の前で、映画の説明とトレイラーを上映いたしまして、
ポルテシアターの非常に充実した映像・音響設備を体感するとともに、
素晴らしい機会をいただいたことに感動!

おっくさんと畑中さんはそれぞれ2曲ずつ、楽曲を披露いたしました。
平野会長の粋な計らいに、心より感謝です。

ウェブマガジン「Lade」の方にその時の様子が、たくさんのお写真と共にまとめられております。
かなり詳細です。これは嬉しい!皆様ぜひご覧くださいね。

こちらです


是非ご覧くださいませ!!

幼少の頃より慣れ親しんだ、ビオラ田町。
街中の元気が失われていくとともに一時はお客さんも減少、
といいますか、本当に激減してしまい、すごく寂しい思いをいたしましたが
この新たなビオラ田町、ポルテシアター、
そして現代アートを取り入れた上質なウェディングスペース「ポルテボヌール」を中心に
再び町が活気を取り戻していくことを願うばかり。
『ハローゼア』もそのきっかけに、少しでも貢献できたらいいなあ。

2014年04月14日

『ハローゼア』公式サイト 仮オープン!

鈴木です。

映画『ハローゼア』公式サイトが仮オープンとなりました!
ばんじゃーい!


『ハローゼア』公式サイト


コンテンツは順次公開となりますので、ぜひ定期的にチェックしてみてください!
「いいね!」ボタンなんかも設置しました。「いいね!」してね!したらいいね!


またトレイラー第一弾も同時公開です!





ヤマハ発動機コミュニケーションプラザで公開されたものからバージョンアップしております。
トレイラーもあくまで「第一弾」ですので、こちらもこの先、要チェックです!

公開は2014年中を予定しております。
皆様、どうぞよろしくお願いいたします!!

2014年04月01日

『プレイヤーズ!!』再上映&イーラ『ハローゼア』先行試写会!!

鈴木です。2つのイベントについてご報告を!!
(※14/04/01 お写真を追加いたしました!)

140114暫定メインビジュアル.jpg

まずは3月22日(土)、
ヤマハ発動機株式会社コミュニケーションプラザにて行われました
『プレイヤーズ!!』無料上映。

初の磐田上陸!ということでドキドキしておりましたが
午前・午後ともにたくさんのお客様においでいただきました。

キャストの川口直久・ちゃっともーもー・畑中摩美による舞台挨拶も行われ
ヤマハ発動機の社員さんによるホンワカした司会も相まって、
始終とてもあたたかい空気が流れておりました。いやー春ですね。ホンワカパッパですね。

yamahatsu01.jpg

今回、新規の方々も数多くいらっしゃって感動だったのですが、
相変わらずリピーター率も凄いですね!
『プレイヤーズ!!』を愛してくださって本当にありがとうございます!
本編の最後には、新作『ハローゼア』の簡単な予告も流しましたー。

yamahatsu02.jpg
皆様ありがとう!


さてさて、その『ハローゼア』を一般公開よりも一足、いや二足ほど早く鑑賞できる
「プレイヤーズスピンオフ!!(仮)特別先行試写会&スペシャルイベント」
が、3月29日(土)、シネマイーラにて行われました。


今回はシークレットライブ的な扱いにしてありまして、
公式でのアナウンスは実は一切行っておりませんでした。
にもかかわらず、チケットは完売。会場の152席はすべて埋まり、
関係者は後ろで全員立ち見、という嬉しい事態になりました!素晴らしい!!

kyakuseki.jpg

本当に嬉しいね。やる気出ちゃう!

7D0A23140321.JPG

まずは舞台挨拶。
今回登壇したのは、
おっく・めぐみ・石川秀明・永瀧周・高木茜・畑中摩美・前田一帆・伽藍座長
の8人でした。

iiraaisatsu2.jpg

それぞれ伝えておきたいことがたくさんあったようで、それぞれ充実した、
感動的ですらあるスピーチが続きました。
時間がやばいくらいに押したため裏で劇場さん側が激おこ

iiraaisatsu.jpg

それぞれが自分の体験や映画に対する思いを話していく中で、
ちゃんと制作サイドの意図や熱意なんかの話もしてくれるんですよね。
個人的にそれが嬉しくて。あー、ちゃんと伝わってるんだなあ、と感激するわけです。じーん。

7D0A25040324.JPG

お花のサプライズも!!ありがとうございまーす!!



そんなこんなで、先行試写会開始。
内容については触れることはできませんが、お客様本当に反応がよくて、またそれが嬉しくて。
よく笑って、たまにすすり泣きが聞こえたりして。
苦労が報われる瞬間ですねー……。

と、その中で今回のイベントの目玉の一つ。
「浜名湖かんざんじ荘」さんとのコラボイベント!!
この日にしか見ることができない、特別なシーンが上映されたわけです!

シーケンス 01.Still001.jpg

「それはそうとおなかすいたな……」

「浜名湖かんざんじ荘、絶賛発売中の蒸し金つばならあるが……?」

名物商品「蒸し金つば」を、寅三(ゲンジョウ)と哲平(永瀧周)が露骨なCMを開始!


シーケンス 01.Still004.jpg

「おいしいねえ!」

「皮がいいな、皮が!」

商品をべた褒めしながら、劇中で金つばを食す二人。そして……

シーケンス 01.Still002.jpg

「俺たち二人だけで味わうのはもったいない」と立ち上がり、
画面外へと消える寅三!

1396238009_b.jpg

そして会場に飛び込んでくる寅三!!金つばを配布!!(お写真:浜松経済新聞さん)


いやーこれはウケました。ドッカンドッカンいってましたねえ。
「大人の事情」もここまでやっちまえば気持ちいいくらいでしょう。
ひとり2個ずつ、合計300個の「蒸し金つば」を会場に配ることができました。


ゲンジョウさんが会場でバタついている間の、スクリーンはこちら↓

シーケンス 01.Still003.jpg


哲平「子供さんに多めにな!」

寅三「子供いないんだよなあー」


スクリーンの中と外で、登場人物同士の会話が行われるという状況に!
「映画と現実のコラボレーション」が実現いたしました!!


haifugenjo.jpg


効率よく配りながら会場を盛り上げてくださったゲンジョウさん、
そして、そのブッ飛んだ状況を笑顔で受け入れてくださったあたたかいお客様に感謝!
そして「蒸し金つば」を快く提供してくださった「浜名湖かんざんじ荘」さんにも御礼申し上げます。

HPはこちら!


と、大きな盛り上がりを見せた先行試写会も終了。
短いインターバルを挟んで、次のイベントの準備。

asano03.jpg

その間に残りの金つばを配るゲンジョウさん。

同時にステージでは、「蒸し金つば」と「浜名湖かんざんじ荘」の解説。
説明担当したのは、自分の浜松北の後輩、淺野くん。

asano01.jpg

「YOYO! プッチョッヘンザッ! プッチョッヘンザッ!」
一体なにを勘違いしたのか、ステージ上でラップを始めるという暴挙に出た淺野くん。


asano02.jpg

「ぷちょへんざって何……?」さすがの川口さんも苦笑い。
そしてガン無視のだいさん。静かな怒りが感じられますね。



いやラップは嘘ですけどね。撮れた写真がどうみてもラッパーだったので。
マシンガントークの解説ありがとう、淺野くん!



さて!出演者らによる生ライブイベントが始まりました!
まずは前作『プレイヤーズ!!』より、
川口直久(響介)・ちゃっともーもー(大吉・華子)による『カラフル』。

karafuru.jpg

さすがの貫録。抜群の安定感。
『ピエール瀧のしょんないTV』でも披露した素晴らしい歌唱力は健在です。
淺野くんの「ぷちょへんざ」による悪影響も特に感じられず、ただただ安心しました。


そして今回の主役たちの登場!
『ハローゼア』主演のうちの二人、おっく(実)とめぐみ(有希)!
インスト曲『ナイトウォーカー』と、劇中歌『ナイトランナー』のイーラ特別版を披露!

yukiminoru01.jpg

なんかフレッシュ!!なんだろうこのフレッシュさは!若いな!うん!若いぞ!
「プレイヤーズ」という集団に新たな風が吹き込みましたね。

7D0A23960321.JPG

劇中で流れた曲を直後に生演奏、というとんでもないプレッシャーをはねのけ、
本当に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。


kousuke.jpg

続きまして、こうすけ(都田太郎)!!
上映後にご記入いただいたアンケートでも大人気だった、都田太郎の劇中歌2曲を披露!

7D0A24150321.JPG

Spoonのお二人をこうしてバラで観られるのって、実はかなり珍しいんじゃないかな?
トークも冴えわたり、こうちゃんの魅力が爆発!

kousuke2.jpg

暴走気味の都田太郎に、最後は見事なツッコミが入りました。あっぱれ!


hatanaka.jpg

次は主役のひとり石川秀明(戸田)と、前作から引き続き出演の畑中摩美(多佳子)。

hatanaka.jpg

いつものアコギを置いて、マイクスタンドとともに登場した畑中さん。
劇中での変貌ぶりに驚いた方も多かったようです。実物もエロい!
そして多佳子の歌に添えるように、ギターを弾く戸田。
登場人物の中で唯一、時代をまたいでの出演となった石川さん、見事な演じ分けでした。



続きまして、

ishikawa.jpg

石川秀明(戸田)。……そして!

eitaki.jpg

永瀧周(哲平)!!
浜松が誇るスーパーギタリストによるギターバトル!!!
劇中でもインパクトのあるシーンとなっております。


todateppei.jpg

それを生で観られる感動たるや!
映画の外では仲良しです。


yukiminoru02.jpg

最後に、おっく(実)・めぐみ(有希)再登場。
おっくさんが映画のテーマソング『ハロー』について語ります。

yukiminoru03.jpg

『ハロー』を歌う二人。
彼らの心の底からの思いや、願いや、叫びがこの作品を彩り、
ようやくここで『ハローゼア』が形になった。そんな気がしました。



監督が作品についてあれこれ語ると、それが結論と捉えられがちなので
あまり確定的なことを書きたくはないのですが、
今回の作品のベースの部分について、少しだけ触れたいと思います。
なぜ、続編ではなく「スピンオフ」なのか、という部分にもかかわります。


今回は『プレイヤーズ!!』と近い人物像などを描きつつも
明らかにスポットを当てた「面」が異なります。
加えて、浜松という場所において音楽活動をする、ということだけを描こうとしたわけではない。
本質はさらに、もっと奥深くにあります。


やりたいことを貫き通すということは本当に辛く、理解が得られず、孤独です。
結果を出さねば誰も納得してくれないし、
もっと言えば、その結果の表面だけをすくい取られ、レッテルを貼り付けられます。


一生忘れられないような辛い出来事が、ぶつけられた言動が、悲しみがたくさんありました。
今後も同じように、いやこれまで以上に続いていくでしょう。

なぜ、それでも我々は、それをやめないのでしょうか。
同じ場所に足跡をつけ続けるような、そんな毎日を送ってしまうのでしょうか。


そしてもう一点。
そんな我々も、自分とは違う分野の、どこかの誰かを、
そんな目で見てしまっているのではないでしょうか。
悲しく浅はかなレッテルを、気づかぬうちに相手に貼り付けているのではないでしょうか。



本当に自分勝手で、弱く、情けない。
でもだからこそ、愛しい。


公開はまだ先ですが、
この作品を、ひとりでも多くの方に観ていただきたい。

そして、何かを感じてくだされば、と切に願うばかり。




katenkooru.jpg

そんなこんなでカーテンコール!!!


gottagaesi.jpg

ロビーでの物販はごった返し!大層な盛り上がりを見せました。

7D0A25190321.JPG

ご来館の皆様、本当にありがとうございました。

本公開は2014年中を予定しております。
皆様からいただいたアンケートも参考に、よりよい映画となるよう
この先も創意工夫を凝らしながら、一般公開に向け頑張ってまいります。

最終的にどのような形になったのか、「どれどれ見てやるか」と、
映画館まで足をお運びいただければ幸いでございます。
またその際には、ご家族ご友人にも、ぜひとも声をおかけください。

今後とも『プレイヤーズ!!』そして『ハローゼア』を
どうぞよろしくお願い申し上げます。


最後に、29日の様子が浜松経済新聞、さらにヤフーニュースにも掲載されました。
ご覧くださいー!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140331-00000021-minkei-l22
http://hamamatsu.keizai.biz/headline/1093/


(写真:大杉征治・片岡知行・小林淳子・浜松経済新聞さん)


2014年03月24日

新作『ハローゼア』発表&TOHOシネマズ試写!


鈴木です。
3月21日(金・祝)、TOHOシネマズ浜松・プレミアスクリーンでの関係者試写会を行いました。
『プレイヤーズ!!』に引き続き、最高の環境にて試写が行えることを、
そして、キャスト・スタッフの皆でそれを鑑賞できたことを、
本当に嬉しく、誇りに思います。



当日の様子がヤフーニュースと、静岡新聞アットエスに掲載されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140323-00000016-at_s-l22

http://www.at-s.com/news/detail/976981606.html



そして『プレイヤーズスピンオフ!!(仮)』としていた今回の作品のタイトルも発表。



『ハローゼア』と名付けました。



いよいよ、ここからですねー。いやあ、楽しみです。


色々と書きたいことはありますが、それはもう少し後にするとして……。
以下、TOHOでの試写の様子です。スチルの大杉さん、片岡さん、小林さんによるお写真。


blog1.JPG
舞台挨拶の様子


10003848_690064827704061_800173027_o.jpg
おっく


blog5.jpg
めぐみ(Spoon)


1484262_690064841037393_1226242788_n.jpg
石川秀明


blog3.jpg
山口弘史、太田直宏


10003992_690064911037386_890045662_n.jpg
永瀧周


1959817_690064844370726_306784107_n.jpg
高木茜


blog7.jpg
畑中摩美


blog6.jpg
前田一帆


10152227_629350190477532_738625970_o.jpg

2014年03月11日

ヤマハ発動機 コミュニケーションプラザにて『プレイヤーズ!!』無料上映!

鈴木です。
なんと『プレイヤーズ!!』が磐田に初上陸!!!

IMG_1372NET.jpg


この度、ヤマハ発動機株式会社さんのご厚意により、
映画『プレイヤーズ!!』を本社コミュニケーションプラザにて
上映していただけることになりました!


『プレイヤーズ!!』『プレイヤーズスピンオフ!!(仮)』2作品を通し、
ジェネレーターの貸し出し等、多大なるご助力をいただきましたヤマハ発動機さん。
まさか上映までやらせていただけるとは……ありがたいですね!


そしてなんと今回、

料金無料です!!


もう一回書いときます!


料 金 無 料 ! !



もちろんキャストによる舞台挨拶もあり!!
こんな機会、なかなかございませんぞ。


しかも今回、『プレイヤーズスピンオフ!!(仮)』の映像も公開予定です。
本邦初公開ですね!


映画の前後には、コミュニケーションプラザ内も見学してみてください。
特に展示コレクションは必見!!バイクから自動車からボートから、とんでもないラインナップ!
丸一日楽しめる、素敵な施設です。

ぜひともお越しくださいませ!!



日時:3月22日(土) 10:30〜/13:30〜
場所:ヤマハ発動機株式会社
   コミュニケーションプラザ1F プレゼンテーションルーム

   アクセス
※上映前に舞台挨拶あり
川口直久(響介)、ちゃっともーもー(大吉・華子)、畑中摩美(多佳子)



詳細は、ヤマハ発動機コミュニケーションプラザHPの、
「イベントのご案内」をご覧ください。

2014年03月04日

クランクアップ!!と嘘あらすじ!

お疲れ様です、鈴木です。


さて、制作を発表する前の記事からはや三ヶ月。
いきなりですが、無事クランクアップいたしました!


いやー前回『プレイヤーズ!!』の時は途中経過を書いたりもしたのですが
今回は異常な密度の撮影日程だったため、全く余裕がなく
何も書けませんでした。
皆様、アタクシのツイッターはご覧になってますかしら?
そちらの方でたまに当たり障りのないことや軽い愚痴など流しておりますので
ぜひフォローしてやってくださいね。
http://twitter.com/suzuken84


今回の『プレイヤーズスピンオフ!!(仮)』は
浜松市の「みんなのはままつ創造プロジェクト」採択事業として撮影されました。

100周年時の映画『プレイヤーズ!!』のスピンオフという位置づけですが
新旧キャストのコラボレーションはもちろんお楽しみいただけますし、
その他あらゆる点において確実に「進化」しております。


目立って「進化」したのは制作環境、そして監督自身の「心持ち」です。
詳細は書きませんが、ここ1年ほど、色々なことがありまして、たくさん涙も流しまして
3年前とは明らかに「心持ち」が違うのです。
公開の暁には、ぜひその点確かめに来ていただきたく存じます。


さて制作側のことばかり書いてはいられません。
新キャストについても触れていきましょうか。


『プレイヤーズ!!』では8人のメインキャストを中心とした群像劇として
物語が展開いたしましたが、今回の主役は3人です。


おっく
めぐみ(Spoon)
石川秀明


彼らが問題にぶつかりながら、成長していく姿を描きます。



ここから映画のストーリーについて触れていきたいのですが、
なんせ公開前ですからね。

適当に嘘をまじえながら紹介していきますね。



≪嘘あらすじ≫

おっくさん演じる「実(みのる)」くんは浜松・引佐の牧場の息子さんです。
お父さんと、従業員の3人で牧場を運営しています。

さて彼は一つの大きなコンプレックスを抱えています。

それは……
髪がやたらモジャモジャだということです。

モジャモジャすぎてそれが嫌で嫌で仕方がないのです。
ちょっと風の強い日には、変な糸くずとか汚らしいゴミがたくさんくっつきます。

朝起きたら、鳥の親子が住み着いていた、なんてこともありました。
「巣を作ろうと思ってたけど完成品置いてあるやん」と
サクッと入居してきた感じです。


これにプッツンきた実くんは、夕飯を食べながら
太田直宏さん演じるお父さんの「武史(たけし)」に相談します。

と、その時、家の外から悲鳴が。
「いやああ助けてええ!!」
実くんと武史が慌てて外へ飛び出すと、
生まれたばかりの子牛「ごま大福(生後3か月)」が悲鳴を上げながら、
謎の円盤に連れ去られるところでした。

「いやああ!!キャトルミューティレーションされちゃうう!!」
叫びながら円盤の中へと吸い込まれていくごま大福(生後3か月)。

「ごまちゃん! 君、喋れたんだね!」
「キャトルミューティレーションとか久々に聞いたわ!」
実くんと武史は案外冷静です。


その円盤を操縦しているのが、石川秀明さん演じる「マッド博士(まっどはかせ)」

「実くん、久しぶりじゃね。ヒョヒョヒョ」
「な、なぜ僕の名前を!?」


物語が進むにつれ、実くんはかつて、マッド博士に連れ去られて実験台にされ、
その実験が失敗して頭が爆発し、モジャモジャになってしまった、ということが明らかになります。


マッド博士に復讐すべく、円盤へと乗り込む実くん。
円盤内部で変わり果てた姿になってしまったごま大福(生後4か月)と再会します。

「ああ……すっかり皮だけに……あれ?チャックがついてる。これは着ぐるみ!?」

なんと本物のホルスタインだと思っていたごま大福(生後4か月)は着ぐるみだったのです!
そして物陰から出てくる、牛の中身。
これがめぐみさん演じる「真宮寺姫子(しんぐうじひめこ)」

「べっ、別にアンタの助けなんか待ってなかったんだから!勘違いしないでよね!」

使い古されたツンデレキャラに辟易しつつ、
実くんと姫子は協力し合い、マッド博士に戦いを挑むのでした。
そして武史は特に力も貸さず、家のソファーでさきイカをしゃぶっているのでした。





というわけでした〜。
9割9分嘘でした〜。

「実(みのる)」「武史」「ごま大福(生後3か月)」くらいしか合ってませんわ。
深夜のテンションって怖いです。
いや「ごま大福(生後3か月)」はマジですよ。劇場でご確認ください。




仕方ないので少し真面目に書きます。


今回、出演された方々の作品に対する情熱は、並々ならぬものがありました。
彼らはスクリーンの中で「もう一つの人生」を本気で演じようとしていた。
こちらもそれを望んでいたし、実際にそうなっていったことが本当に嬉しかった。

今回、なぜ作品を「続編」ではなく「スピンオフ」という位置づけにしたのか。
それは明らかに、「描こうとしたもの」が違うからです。


前作は、明るく、広く、温かく、優しい。
今作は、深く、狭く、切実で、根深い。


どちらも「浜松」を舞台にしておりますが、明らかに視点が違うのです。
ただ、いずれも確かに、真実なのです。

主演の方々をはじめ、今回の出演陣はそれを正確に読み取り、
本気の取り組みを見せてくれました。
身を削り、心を削り、キャラクターに魂を注いでいた。
画面からはっきりと、その熱が伝わってきます。
特に主演の方々の力の入れようは、凄まじいです。


作品に対する「愛」。それをひしひしと感じます。
彼らは作品を愛してくれました。

それは出演陣からも、さらにスタッフの方々からも感じます。
前作から引き続きご助力いただいた方々、今回初参加の方々、
皆本当に、素晴らしい働きを見せてくれました。


途中、とんでもないトラブルもありました。
年始早々のロケ、開始2時間でカメラが突風に倒され、坂を転げ落ち、川に水没。
カメラ、ワイヤレスほか、多くの機材を失いました。
それでも皆、ついてきてくれました。
撮影が無事終わったことが、今でも信じられないくらいです。


理想的なチームになりました。
和気あいあいとして居心地良く、それでいてメリハリがあり、団結している。
このチームで撮影が進められたことを誇りに思います。
皆、本当にありがとう。



作品の一般公開は2014年度中を予定しております。
ぜひ楽しみに待っていてくださいね。

7D0A9702-1-2-2.jpg

2013年12月09日

再上映&新作製作発表!

鈴木です。
12月6日、7日の再上映、終了いたしました!!


師走の忘年会シーズンにもかかわらず、ここまで多くの方々にお越しいただけるとは
思ってもみませんで、本当に感激しました。
また両日とも、初見の方々が多くを占め、『プレイヤーズ!!』の輪が再び広がったということは
誠に持って喜ばしいことです。皆様、本当にありがとうございました。
大混雑のロビーの様子!↓

7D0A9429131207.JPG

1年後の再上映でこれとはね……。『プレイヤーズ!!』健在!といったところでしょうか。


7D0A9452131207.JPG

そりゃ監督もこうなるわ!わーい!



また7日昼のザザシティ浜松中央広場におけるスペシャルイベントも
たくさんのお客様に囲まれ、大成功でした!
めちゃめちゃ寒かったけどね!風もやばかったけどね!
なんか途中でつむじ風起きてたけどね!それでも集まってくださった皆様に感謝!



7D0A9378131207.JPG

今回のご出演者。音楽からお笑いから、
老若男女問わず(いや老はいませんね!失敬!)
非常に『プレイヤーズ!!』らしい、多種多様なメンバーでしたね。



7D0A9388131207.JPG

そして本日のゲスト&次回作メインキャストのお三方!
「おっく」
「めぐみ(Spoon)」
「石川秀明」
!!



そう、今回の再上映は、新作の発表という大事なイベントも含まれておりました!
いよいよ再始動、ということで、再び浜松市のお力を借りながら、
新作の製作に乗り出します!!



20131129_018-2.jpg

ただ今ワークショップ開催中!
素晴らしい急成長を遂げている彼ら。
ここで「映画の演技」を体に叩き込んでいきます。



20131129_017-2.jpg

20131130_003-2.jpg
新キャストも続々!市内でご活躍されてる方々ばかりです。


また新キャストに加えて、もちろん旧キャストも多数参戦!
新旧キャストのコラボレーションにご期待くださいませ!



20131129_021-2.jpg

……あれ、この方前作で亡……あれ?
一体どういうことになっとるんでしょうか!





こちらが劇場で公開した告知動画!
これからの展開に注目ですね!


新作の現場の様子等々につきましては随時、ご報告していきますので
ぜひぜひ、チェックしてみてくださいねー!

2013年12月02日

「はままつ冬フェス in machi」街頭ビジョン用CM放映開始!

鈴木です。
『プレイヤーズ!!』再上映が迫ってまいりました。
皆様のご来場、お待ちしております!!前売りチケット売ってますよ!!



さてさて今回は「家康くん」が登場するCMについての告知です!


冬の浜松を彩る、美しいイルミネーションと楽しいイベント。
「はままつ冬フェス in machi」の街頭ビジョン用CMを制作いたしました!


ザザビジョン12月1日(日)から、
遠鉄ビジョンでは12月3日(火)から放映されます!


CMの主役は今やおなじみ、浜松が誇るゆるキャラ「出世大名家康くん」

鈴木は監督と作詞・作曲。カメラは『プレイヤーズ!!』撮監の宮川鉄平。
歌はシンガーソングライターの畑中摩美さん
ナレーションは人気アナウンサー・廣木弓子さんに担当していただきました!
さらにご出演は、浜松OTONAユニット「ピュアーノ」の高木茜さんです。あら豪華。




花束を持って、女の子のもとへと走る「出世大名家康くん」。
今年の「冬フェス」のテーマ「LOVE」を30秒で表現しました。

某有名CMへのオマージュも入れちゃったりして。
めっちゃ走ってるわ家康くんー。全然ゆるくないわー。


撮影自体は本当に楽しく、また家康くんの知名度と人気を改めて実感しました。
さすがグランプリ第2位、といったところ。
撮影の合間にはたくさんの人たちに写真や握手を求められて、家康くんも嬉しそうでした!

またこの場を借りて、この撮影にご協力いただいたスタッフ・エンジニアの方々に御礼申し上げます。
皆様のご助力あってこそのこの作品。本当にありがとうございました。


遠鉄ビジョンはまだ不明なのですが、
ザザビジョンの方はなんと一時間に4〜6回という高頻度で放映される予定です。
嬉しいですね。
昼でも夜でもくっきり見えるビジョンです。街に出た際は大きい画面で是非ご覧ください!!
posted by STAFF at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | MV / PV / CM

2013年11月22日

『ラララ・ランドリー』MOVIE LOVERS vol.10- WORKSHOP & SCREENING PARTY-にて上映決定!

『プレイヤーズ!!』再上映が迫っておりますが、
もうひとつお知らせです!

『ラララ・ランドリー』が、
MOVIE LOVERS vol.10- WORKSHOP & SCREENING PARTY-
上映されることが決定しました!この度は大阪です!
梅田ガーデンシネマに続き、大変うれしいですね。
ぜひご来館ください。


上映日時: 12月1日(日)12:30〜
場  所: 淀川文化創造館 シアターセブン
詳細はこちら
posted by STAFF at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2013年11月14日

映画『プレイヤーズ!!』再上映&スペシャルイベント開催決定!

鈴木です。
公開から約1年、
『プレイヤーズ!!』がシネマイーラに帰ってまいりました!


IMG_1372NET.jpg



「シネマイーラ5周年」を記念し、2日間限定での再上映が決定!
両日ともキャストによる舞台挨拶あり。
そしてエンドクレジット後には、ある「発表」をいたします!
ぜひとも「最後まで」お楽しみいただければ幸いです!



シネマイーラ5周年サンクス上映!!
≪映画『プレイヤーズ!!』2日間限定プレミア再上映≫

@2013年12月6日(金)19時30分〜
A2013年12月7日(土)19時30分〜

場所:シネマイーラ
料金:前売/当日ともに¥1,000(税込)
(前売チケットはシネマイーラ窓口他にて販売中)

※両日とも上映前にキャストによる舞台挨拶あり。
『プレイヤーズ!!』オフィシャルサイトはこちら。


【12月2日追記 キャスト舞台挨拶情報!】

@12月6日 山口弘史(博之)/ゲンジョウ(寅三)/源馬里紗(凛)/畑中摩美(多佳子)/加茂明子(敬子)

A12月7日 川口直久(響介)/中西祥子(恵)/ちゃっともーもー(大吉・華子)/伽藍座長(ヒーロー)/永瀧周(哲平)




さらに12月7日、ザザシティ浜松中央広場にて、
『プレイヤーズ!!』スペシャルイベントを開催します!
キャスト達による、音楽と笑いに溢れた豪華イベント!
3組の「特別ゲスト」もお招きする、ぜいたくな顔ぶれとなっております。
「特別ゲスト」の正体、気になりますよね。ぜひ会場でお確かめください!



≪映画『プレイヤーズ!!』スペシャルイベント≫
2013年12月7日(土)13時00分〜17時00分
ザザシティ浜松中央広場 ※観覧無料

司会:山口弘史(博之役)

出演(順不同・敬称略)
川口直久
畑中摩美
虎あげは。。
ちゃっともーもー
Fuji2
絡繰機械's
青山ばんど
特別ゲスト@AB