2013年11月22日

『ラララ・ランドリー』MOVIE LOVERS vol.10- WORKSHOP & SCREENING PARTY-にて上映決定!

『プレイヤーズ!!』再上映が迫っておりますが、
もうひとつお知らせです!

『ラララ・ランドリー』が、
MOVIE LOVERS vol.10- WORKSHOP & SCREENING PARTY-
上映されることが決定しました!この度は大阪です!
梅田ガーデンシネマに続き、大変うれしいですね。
ぜひご来館ください。


上映日時: 12月1日(日)12:30〜
場  所: 淀川文化創造館 シアターセブン
詳細はこちら
posted by STAFF at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2013年11月01日

『ラララ・ランドリー』函館港イルミナシオン映画祭にて上映決定!

12月に行われる函館港イルミナシオン映画祭で
『ラララ・ランドリー』を上映していただけることになりました!
ありがとうございます!


映画祭公式ウェブサイト

作品の紹介



12月8日(日)に函館山山頂のクレモナホールで上映されます。
他のndjc2012作品も一緒です。


そういえば本日は、CLARK THEATER2013での上映の日ですね。
各地で頻繁に流していただいて、本当にありがたいです。
皆様ぜひご来場ください!

posted by STAFF at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2013年10月18日

「CLARK THEATER 2013」&「うえだ城下町映画祭」にて『ラララ・ランドリー』上映決定!

映画『ラララ・ランドリー』の上映情報です。
今回は2つございます!嬉しいですね!
お近くにお住まいの方は、ぜひ観にいらしてくださいね。


@10月31日〜11月4日に開催される
 北大映画館プロジェクトによる「CLARK THEATER 2013」というイベントで
 『ラララ・ランドリー』を上映していただくことになりました。
 北大映画館プロジェクトは、北海道大学の学生による上映サークルで、
 北大にある講堂を活用した様々な上映イベントを企画していらっしゃるとのことです。

 ≪CLARK THEATER2013概要≫
 日時: 2013年10月31日(木)〜11月4日(月)
 場所: 北海道大学クラーク会館 講堂
 (札幌市北区北8条西8丁目)
 主催: 北大映画館プロジェクト CLARK THEATER 2013 実行委員会
 代表者: 半澤麻衣(北海道大学2年)

『ラララ・ランドリー』は映画祭2日目、ndjc3本立ての最後に上映されます。
11月1日(金)13:45〜15:15
(『天国のバス』→『ホールイン・ワンダーランド』→『ラララ・ランドリー』)
 http://www.clarktheater.jp/ct2013/index.html



Aかつて『街の音、なにがしの唄』で入選・審査員賞をいただいた、
「うえだ城下町映画祭」で『ラララ・ランドリー』を上映していただくことになりました。

≪うえだ城下町映画祭概要≫
11月16日(土)・17日(日)
第17回うえだ城下町映画祭
http://www.umic.jp/eigasai/index.html

『ラララ・ランドリー』は映画祭1日目、幻灯舎会場にて
10:10〜10:40に上映されます。
http://www.umic.jp/eigasai/program.html#jishuseisaku

会場:幻灯舎
長野県上田市中央1-3-1 TEL:0268-21-7280
※JR上田駅より徒歩で約5分。
http://www.umic.jp/eigasai/kaijo.html

posted by STAFF at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2013年09月17日

湯布院映画祭の上映報告がアップされました

鈴木です。
先日『ラララ・ランドリー』を上映していただいた、
第38回湯布院映画祭についての上映報告がndjc2012のHPにアップされました!

こちらです

上映後の質疑応答がかなり詳細に載せられておりまして、
正直めちゃめちゃ恥ずかしいのですが、
とりあえず観てあげてください!主演の田中美里さんのコメントもあります。

お客さん方とたくさん話せたし、新しいつながりが多くできたし、
上映から懇親会に至るまで、すべてが楽しかったです。
スタッフの方が「湯布院映画祭はゲストを大切にする映画祭」とおっしゃっていましたが
本当に手厚いおもてなしを受け、感無量でした。ありがとうございます!
またご招待いただけるように、今後も精進してまいります!
posted by STAFF at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2013年08月14日

第38回湯布院映画祭にて『ラララ・ランドリー』上映&主演+監督ご挨拶あり!

鈴木です。
大変光栄なことに、この度あの湯布院映画祭にて
『ラララ・ランドリー』を上映していただけることになりました。
いやあ感激ですね!!

しかも今回は、今大活躍中の主演・田中美里(みり)さんと
一緒に登壇もさせていただけるとのことです。
西日本にお住いの皆様、ぜひいらっしゃってくださいね。


(以下ndjc2012HPより抜粋)


監督作品『ラララ・ランドリー』、
第38回湯布院映画祭での上映決定

8月21日(水)〜25日(日)に開催される
第38回湯布院映画祭で、
中野監督作品『琥珀色のキラキラ』と、
菊池監督作品『半径3キロの世界』、
鈴木監督作品『ラララ・ランドリー』、
畑中監督作品『プリンの味』が
上映されることが決定しました。


中野監督、鈴木監督と
『ラララ・ランドリー』主演の田中美里さんが
シンポジウムのゲストとして登壇します。


湯布院映画祭では、毎年短編映画上映を行う
「湯平温泉シネマツアー」を実施しており、
今回はこの3作品
(ndjc2012『半径〜』『ラララ・ランドリー』『プリン〜』)が
上映されることとなりました。
映画祭メイン会場である湯布院公民館から
ボンネットバスによる送迎があります。


会場:湯平会場「湯平ふれあいホール」(大分県由布市)
上映:@『プリンの味』
   A『半径3キロの世界』
   B『ラララ・ランドリー』の順に上映
   ※終了後シンポジウムあり


入場料その他詳細はこちらをご覧ください。

http://www.d-b.ne.jp/yufuin-c/index.html
posted by STAFF at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2013年05月16日

第6回 栃木・蔵の街かど映画祭にて『ラララ・ランドリー』上映

鈴木です。
告知が間近になってしまったのですが、
栃木県にて行われる、
「第6回 栃木・蔵の街かど映画祭」にて
『ラララ・ランドリー』が上映されます。


この映画祭は栃木県の歴史的建造物である「蔵」を
ミニシアターに変貌させて行われるという
大変ユニークなもので、
『ラララ・ランドリー』はその一日目・二日目ともに
上映される運びとなっております。


改めてご紹介しますと、『ラララ・ランドリー』は
文化庁委託事業「ndjc2012」において製作した短編映画です。


主演は田中美里(みり)
歌手デビューを目指して活動中のシンガーで、
4月から大学生になりました。若い。
フジテレビ『めざましテレビ』の1コーナー「イマドキガール」や
テレビ東京『ロック兄弟』MCとして活躍されてます。
彼女の自慢の歌声にも要注目です。


その弟役として大変重要なポジションを演じたのは
俳優・松下洸平
大変勢いのある若手俳優さんです。
最近では「朝マック」のCMでおなじみですね。
きっと観たことあるはず。
またフジテレビドラマ『カラマーゾフの兄弟』(主演・市原隼人)
では超重要人物・「末松進」を怪演。
その演技力には舌を巻くばかりでした。
ミュージカル俳優としても活躍している彼。
姉と弟のハーモニーは必聴ですね。


ほかにも、
話題作「サイタマノラッパー」主演の駒木根隆介、
映画『プレイヤーズ!!』にも出演された俳優・渡部直也など
豪華なキャストが名を連ねています。
また『プレイヤーズ!!』では響介役を演じた
シンガーソングライター、川口直久さんが
ミュージカル楽曲のアレンジを担当されています。


映画祭当日は、私も会場にて舞台挨拶を行います。

まだ『ラララ・ランドリー』をご覧になっていない方、
ぜひこの機会にいらっしゃってくださいね。




≪映画祭概要≫

第6回 栃木・蔵の街かど映画祭

開催日:2013年5月18日(土)、19日(日)
主 催:栃木・蔵の街 かど映画祭実行委員会

オフィシャルサイトはこちら

◎お得な回数券1,000円
 (1,000円で3作品鑑賞出来ます)
[一作品のみの鑑賞は当日500円
 未就学児無料(但し保護者同伴:保護者有料)]

■事前購入窓口:栃木市観光協会
 〒328-0037 栃木県栃木市倭町14-1
 TEL 0282-25-2356
※当日券あり



『ラララ・ランドリー』概要≫


出演
田中 美里、 松下 洸平
内田 和也、 阿部 久美子、駒木根 隆介

スタッフ
製作総指揮:松谷 孝征(VIPO理事長)
製作:ndjc2012事務局(VIPO)
プロデューサー:永井 正夫、 柘植 靖司

監督・脚本:鈴木 研一郎
監督補:成瀬 活男
撮影:市川 修
照明:田中 利夫
美術:尾関 龍生
録音:高橋 義照
編集:菊井 貴繁
記録:樽角 みほり
振付:城間 ツカサ
撮影アドバイザー:鈴木 達夫
音楽・録音アドバイザー:瀬川 徹夫
作詞・作曲:鈴木 研一郎
編曲:川口 直久

制作プロダクション
永井プロジェクト
posted by STAFF at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2010年12月05日

コメント掲載!

第14回うえだ城下町映画祭にて
審査員賞をくださった、永井正夫プロデューサーより
作品に対するコメントをいただきましたので
特設ページに掲載させていただきました!

また11月13、14日に
上田市マルチメディア情報センターにて
『街の音、なにがしの唄』が上映された際に
観客の皆様からいただきました
ご感想を運営サイドよりいただきましたので、
同時に掲載させていただきます。

http://suzukikenichiro.com/machi-no-oto/news.html

涙が出るくらいありがたいコメントの数々!
これからもがんばります!!
posted by STAFF at 00:47| Comment(0) | 映画祭

2010年11月09日

うえだ城下町映画祭リポート!

『街の音、なにがしの唄』公式サイトのnewsのコーナーにおいて
「第14回うえだ城下町映画祭」に関するリポートを掲載させていただきました。

当日のお写真なんかもさりげなく掲載しておりますので、ぜひご覧くださいませ!
http://suzukikenichiro.com/machi-no-oto/news.html
posted by STAFF at 13:10| Comment(2) | 映画祭

2010年11月07日

うえだ城下町映画祭終了!上映はまだありますよ!

いやーお疲れ様です。
うえだ城下町映画祭、参加してまいりましたよー。
出会いの多い、素晴らしい映画祭でした。

賞をくださった永井正夫プロデューサーをはじめ、
映画祭関係者の方々、受賞監督の方々、
本当にありがとうございました。
まことに有意義な時間を過ごさせていただきました。

そしてはるか遠く、極寒の地から駆けつけてくれた
鬼マイク・シャルル。本当にありがとう。
かけがえのない、素晴らしいスタッフです。

これからも面白い作品ができるよう、精進してまいりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

映画の上映自体はまだ11月13日、14日の二日間
上田市マルチメディア情報センターで行われる予定になっております。
まだご覧になっていない方は是非、足をお運びくださいませ。


映画祭についてのレポートも、また近々HPの方で。お楽しみに!

さて沖縄映像祭2010のタイムスケジュールが発表になりましたね!
楽しみです!
posted by STAFF at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画祭

2010年11月02日

jungleさんのnewsに『うえだ城下町映画祭』が!

『街の音、なにがしの唄』に出演してくれた札内幸太くんを所属する
jungleのHPに、『うえだ城下町映画祭』での上映のお知らせが掲載されました!
newsのコーナーにあります!

うーむ。しかし「ARATA」とか「坂井真紀」とかの名前の間に
『街の音、なにがしの唄』がある、というのはとても名誉なことですね。
posted by STAFF at 10:49| Comment(0) | 映画祭

2010年10月31日

沖縄映像祭2010 入選!!

いやー嬉しいニュースが続きます。


本日、運営より連絡をいただきまして
『沖縄映像祭2010』において『街の音、なにがしの唄』が
最終審査ノミネート作品のひとつに選ばれたとのことです!

つまり入選ってことですね!ばんじゃーい!!


こちらの方は11月19〜21日に開催されるようです。
詳細が発表され次第、またホームページの方でお伝えしていく予定です。


しかしホント嬉しいねえ……。
みんなが頑張ってくれたんで、いい映画ができたんですよ。

私は本当に、人に恵まれてると思う。幸せです。

ありがとう。ちょっと泣いてくる。
posted by STAFF at 18:56| Comment(2) | 映画祭

2010年10月27日

うえだ城下町映画祭 審査員賞受賞!!

昨日、連絡をいただきまして

「第14回うえだ城下町映画祭」における自主制作映画コンテストにおいて

『街の音、なにがしの唄』が審査員賞のひとつである

「永井正夫賞」を受賞いたしました!!



TAKE∞入選+観客賞に引き続き、二つ目の冠をいただくことができたのも
皆様のおかげでございます。ありがとうございます!!
いやホント、嬉しいです。

上映の詳細スケジュール等につきましては
鈴木研一郎オフィシャルサイト、
『街の音、なにがしの唄』公式サイトの方に掲載していきます。

もうしばらくお待ちくださいませ。
posted by STAFF at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画祭

2010年03月20日

観客賞!

あざっす!鈴木です!あざっす!

いや観客賞いただけましたよ。嬉しいー!!!
努力が報われるってのは、まさにこういうことを言うんだね。

主役の仲田さんをはじめとする、個性豊かな役者陣、
撮監の鉄平・鬼マイクのシャルルを中心とした
優秀なスタッフ陣に支えられ、このような成果を導き出すことが
できました。感無量です。

立食パーティーも楽しかった!あざっす!!
私ホントああいうの苦手で、他の映画祭に参加しても
逃げ回ってきたけど、今回は参加してよかったです。

まず、審査の時には聞くことができなかった、もっと詳しい
作品に対する評価や改善すべき点を、
審査員の方々から直接伺うことができました。
(皆様お忙しそうで、全員から伺うことはできませんでしたが…)
私の考えていたテーマや主張の部分をしっかりと
理解してくださっていて、とても嬉しかった。

それから、若い世代の人たちともたくさん話せたしね。ヨカッタ。
映画祭の運営の彼らはホント一生懸命で、親切で、感じのいい
人ばかりだったと思う。仲田さんも日記で褒めてたもんね。

今までひっっどい運営を何度も観たけど、今回はすごくしっかり
やってて、感心してしまった。皆えらいなぁ……。
伝統を守ろうという責任感だろうか、それとも単純にいい奴ら
なんだろうか。いずれにせよ、楽しく過ごせました。
どうもありがとうございました!

しかし、どうしてもこういうのって一期一会になりがちだけど、
何か次に繋がっていったらいいのにな。
せっかく魅力的な人たちにいっぱい出会えたというのに、
このままってのはやっぱ惜しいよ。
私から連絡することはできないけど、このブログ読んでたら
是非連絡くださいね。
連絡先くらいちゃんと聞いとけばよかったわー。
名刺も足りんしよー。ケー。


ハー。なんかテンション高い日記書いてもーた。
posted by STAFF at 21:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画祭

2010年03月16日

上映開始時間詳細

こっちの方を更新するの、すっかり忘れてた。
映画祭TAKE∞での、『街の音、なにがしの唄』の
上映開始時間が確定しました。

午前10時45分からです!
皆様是非観に来てください!!!詳細はHPの方へどうぞ。


鈴木研一郎オフィシャルサイト
http://suzukikenichiro.com/
映画『街の音、なにがしの唄』公式サイト
http://suzukikenichiro.com/machi-no-oto/index.html
posted by STAFF at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭

2010年03月01日

映画祭 本選通過のお知らせ

『街の音、なにがしの唄』が、
成城大学映画研究部映画祭TAKE∞』の本選作品に選ばれました!
(上記リンク「FLASHバージョン」より、詳しい情報が得られます)

素晴らしい。素晴らしい。なんと5/125!うれしいですねー。


3月18日(木)会場10:00 開演10:30
成城大学 五十周年記念講堂にて

近々うちのHPの方も更新予定でございます。お楽しみに。
オラなんだかワクワクしてきたぞ!


鈴木研一郎オフィシャルサイト
http://suzukikenichiro.com/
映画『街の音、なにがしの唄』公式サイト
http://suzukikenichiro.com/machi-no-oto/index.html
posted by STAFF at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画祭