2014年05月02日

海岸浸食災害を考える会パネル展と映画『ハローゼア』がコラボ!

「海岸浸食災害を考える会」パネル展と映画『ハローゼア』がコラボ!」

貴重なお写真を、3日間限定で展示いたしますよー。
撮影の裏が見えるものから「砂丘かっこいい!」と思えるものまで
魅力的な写真がいっぱいです。ぜひ見にいらしてくださいね。

----------------------------------------------------------------------------------
(以下、はまぞうブログと同一内容です)
浜松まつりにて行われる、「海岸浸食災害を考える会」パネル展と、
映画『ハローゼア』がコラボレーションさせていただけることになりましたー!!


中田島砂丘は、一時期より砂の供給量が減り、近年では随分と様子が変わってきています。

このパネル展は、海岸浸食、中田島砂丘周辺環境・防潮堤とその関連事項などを展示することで、
砂丘が抱える問題について市民に関心を持ってもらおう、という主旨なのですが
なんとその砂丘を重要なシチュエーションとして活用した映画『ハローゼア』のスチル(現場写真)
一緒に展示していただけることになったのです!これは嬉しい!

140502hamazo.jpg


『ハローゼア』には3人の専属スチルカメラマンがついておりまして、その非常に素敵なお写真たちをご覧いただけます。
本当に才能のあるお三方で、映画の魅力を何倍にも膨らめるような、生き生きとした作品を撮ってくださるのですよ!

役者たちの表情や息遣い、画面にうつることのないスタッフ達の働き、現場の空気感、
『ハローゼア』を違った角度から楽しめる、とっても素晴らしいスチルたちです。

本公開の際に「おお、あの写真の場面か」とニヤニヤしながら本編を鑑賞するのもまた一興。
そしてこの貴重な砂丘が抱える問題に少しでも関心を持っていただけたら、と願うばかり。

パネル展、ぜひお越しくださいね!


日時: 平成26年5月3日(土)、4日(日)、5日(月・祝)
    10:00〜16:00(5日のみ15:00まで)
場所:中田島砂丘風紋広場 物産展(時計台を挟み南側)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95096012

この記事へのトラックバック