2014年04月01日

『プレイヤーズ!!』再上映&イーラ『ハローゼア』先行試写会!!

鈴木です。2つのイベントについてご報告を!!
(※14/04/01 お写真を追加いたしました!)

140114暫定メインビジュアル.jpg

まずは3月22日(土)、
ヤマハ発動機株式会社コミュニケーションプラザにて行われました
『プレイヤーズ!!』無料上映。

初の磐田上陸!ということでドキドキしておりましたが
午前・午後ともにたくさんのお客様においでいただきました。

キャストの川口直久・ちゃっともーもー・畑中摩美による舞台挨拶も行われ
ヤマハ発動機の社員さんによるホンワカした司会も相まって、
始終とてもあたたかい空気が流れておりました。いやー春ですね。ホンワカパッパですね。

yamahatsu01.jpg

今回、新規の方々も数多くいらっしゃって感動だったのですが、
相変わらずリピーター率も凄いですね!
『プレイヤーズ!!』を愛してくださって本当にありがとうございます!
本編の最後には、新作『ハローゼア』の簡単な予告も流しましたー。

yamahatsu02.jpg
皆様ありがとう!


さてさて、その『ハローゼア』を一般公開よりも一足、いや二足ほど早く鑑賞できる
「プレイヤーズスピンオフ!!(仮)特別先行試写会&スペシャルイベント」
が、3月29日(土)、シネマイーラにて行われました。


今回はシークレットライブ的な扱いにしてありまして、
公式でのアナウンスは実は一切行っておりませんでした。
にもかかわらず、チケットは完売。会場の152席はすべて埋まり、
関係者は後ろで全員立ち見、という嬉しい事態になりました!素晴らしい!!

kyakuseki.jpg

本当に嬉しいね。やる気出ちゃう!

7D0A23140321.JPG

まずは舞台挨拶。
今回登壇したのは、
おっく・めぐみ・石川秀明・永瀧周・高木茜・畑中摩美・前田一帆・伽藍座長
の8人でした。

iiraaisatsu2.jpg

それぞれ伝えておきたいことがたくさんあったようで、それぞれ充実した、
感動的ですらあるスピーチが続きました。
時間がやばいくらいに押したため裏で劇場さん側が激おこ

iiraaisatsu.jpg

それぞれが自分の体験や映画に対する思いを話していく中で、
ちゃんと制作サイドの意図や熱意なんかの話もしてくれるんですよね。
個人的にそれが嬉しくて。あー、ちゃんと伝わってるんだなあ、と感激するわけです。じーん。

7D0A25040324.JPG

お花のサプライズも!!ありがとうございまーす!!



そんなこんなで、先行試写会開始。
内容については触れることはできませんが、お客様本当に反応がよくて、またそれが嬉しくて。
よく笑って、たまにすすり泣きが聞こえたりして。
苦労が報われる瞬間ですねー……。

と、その中で今回のイベントの目玉の一つ。
「浜名湖かんざんじ荘」さんとのコラボイベント!!
この日にしか見ることができない、特別なシーンが上映されたわけです!

シーケンス 01.Still001.jpg

「それはそうとおなかすいたな……」

「浜名湖かんざんじ荘、絶賛発売中の蒸し金つばならあるが……?」

名物商品「蒸し金つば」を、寅三(ゲンジョウ)と哲平(永瀧周)が露骨なCMを開始!


シーケンス 01.Still004.jpg

「おいしいねえ!」

「皮がいいな、皮が!」

商品をべた褒めしながら、劇中で金つばを食す二人。そして……

シーケンス 01.Still002.jpg

「俺たち二人だけで味わうのはもったいない」と立ち上がり、
画面外へと消える寅三!

1396238009_b.jpg

そして会場に飛び込んでくる寅三!!金つばを配布!!(お写真:浜松経済新聞さん)


いやーこれはウケました。ドッカンドッカンいってましたねえ。
「大人の事情」もここまでやっちまえば気持ちいいくらいでしょう。
ひとり2個ずつ、合計300個の「蒸し金つば」を会場に配ることができました。


ゲンジョウさんが会場でバタついている間の、スクリーンはこちら↓

シーケンス 01.Still003.jpg


哲平「子供さんに多めにな!」

寅三「子供いないんだよなあー」


スクリーンの中と外で、登場人物同士の会話が行われるという状況に!
「映画と現実のコラボレーション」が実現いたしました!!


haifugenjo.jpg


効率よく配りながら会場を盛り上げてくださったゲンジョウさん、
そして、そのブッ飛んだ状況を笑顔で受け入れてくださったあたたかいお客様に感謝!
そして「蒸し金つば」を快く提供してくださった「浜名湖かんざんじ荘」さんにも御礼申し上げます。

HPはこちら!


と、大きな盛り上がりを見せた先行試写会も終了。
短いインターバルを挟んで、次のイベントの準備。

asano03.jpg

その間に残りの金つばを配るゲンジョウさん。

同時にステージでは、「蒸し金つば」と「浜名湖かんざんじ荘」の解説。
説明担当したのは、自分の浜松北の後輩、淺野くん。

asano01.jpg

「YOYO! プッチョッヘンザッ! プッチョッヘンザッ!」
一体なにを勘違いしたのか、ステージ上でラップを始めるという暴挙に出た淺野くん。


asano02.jpg

「ぷちょへんざって何……?」さすがの川口さんも苦笑い。
そしてガン無視のだいさん。静かな怒りが感じられますね。



いやラップは嘘ですけどね。撮れた写真がどうみてもラッパーだったので。
マシンガントークの解説ありがとう、淺野くん!



さて!出演者らによる生ライブイベントが始まりました!
まずは前作『プレイヤーズ!!』より、
川口直久(響介)・ちゃっともーもー(大吉・華子)による『カラフル』。

karafuru.jpg

さすがの貫録。抜群の安定感。
『ピエール瀧のしょんないTV』でも披露した素晴らしい歌唱力は健在です。
淺野くんの「ぷちょへんざ」による悪影響も特に感じられず、ただただ安心しました。


そして今回の主役たちの登場!
『ハローゼア』主演のうちの二人、おっく(実)とめぐみ(有希)!
インスト曲『ナイトウォーカー』と、劇中歌『ナイトランナー』のイーラ特別版を披露!

yukiminoru01.jpg

なんかフレッシュ!!なんだろうこのフレッシュさは!若いな!うん!若いぞ!
「プレイヤーズ」という集団に新たな風が吹き込みましたね。

7D0A23960321.JPG

劇中で流れた曲を直後に生演奏、というとんでもないプレッシャーをはねのけ、
本当に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。


kousuke.jpg

続きまして、こうすけ(都田太郎)!!
上映後にご記入いただいたアンケートでも大人気だった、都田太郎の劇中歌2曲を披露!

7D0A24150321.JPG

Spoonのお二人をこうしてバラで観られるのって、実はかなり珍しいんじゃないかな?
トークも冴えわたり、こうちゃんの魅力が爆発!

kousuke2.jpg

暴走気味の都田太郎に、最後は見事なツッコミが入りました。あっぱれ!


hatanaka.jpg

次は主役のひとり石川秀明(戸田)と、前作から引き続き出演の畑中摩美(多佳子)。

hatanaka.jpg

いつものアコギを置いて、マイクスタンドとともに登場した畑中さん。
劇中での変貌ぶりに驚いた方も多かったようです。実物もエロい!
そして多佳子の歌に添えるように、ギターを弾く戸田。
登場人物の中で唯一、時代をまたいでの出演となった石川さん、見事な演じ分けでした。



続きまして、

ishikawa.jpg

石川秀明(戸田)。……そして!

eitaki.jpg

永瀧周(哲平)!!
浜松が誇るスーパーギタリストによるギターバトル!!!
劇中でもインパクトのあるシーンとなっております。


todateppei.jpg

それを生で観られる感動たるや!
映画の外では仲良しです。


yukiminoru02.jpg

最後に、おっく(実)・めぐみ(有希)再登場。
おっくさんが映画のテーマソング『ハロー』について語ります。

yukiminoru03.jpg

『ハロー』を歌う二人。
彼らの心の底からの思いや、願いや、叫びがこの作品を彩り、
ようやくここで『ハローゼア』が形になった。そんな気がしました。



監督が作品についてあれこれ語ると、それが結論と捉えられがちなので
あまり確定的なことを書きたくはないのですが、
今回の作品のベースの部分について、少しだけ触れたいと思います。
なぜ、続編ではなく「スピンオフ」なのか、という部分にもかかわります。


今回は『プレイヤーズ!!』と近い人物像などを描きつつも
明らかにスポットを当てた「面」が異なります。
加えて、浜松という場所において音楽活動をする、ということだけを描こうとしたわけではない。
本質はさらに、もっと奥深くにあります。


やりたいことを貫き通すということは本当に辛く、理解が得られず、孤独です。
結果を出さねば誰も納得してくれないし、
もっと言えば、その結果の表面だけをすくい取られ、レッテルを貼り付けられます。


一生忘れられないような辛い出来事が、ぶつけられた言動が、悲しみがたくさんありました。
今後も同じように、いやこれまで以上に続いていくでしょう。

なぜ、それでも我々は、それをやめないのでしょうか。
同じ場所に足跡をつけ続けるような、そんな毎日を送ってしまうのでしょうか。


そしてもう一点。
そんな我々も、自分とは違う分野の、どこかの誰かを、
そんな目で見てしまっているのではないでしょうか。
悲しく浅はかなレッテルを、気づかぬうちに相手に貼り付けているのではないでしょうか。



本当に自分勝手で、弱く、情けない。
でもだからこそ、愛しい。


公開はまだ先ですが、
この作品を、ひとりでも多くの方に観ていただきたい。

そして、何かを感じてくだされば、と切に願うばかり。




katenkooru.jpg

そんなこんなでカーテンコール!!!


gottagaesi.jpg

ロビーでの物販はごった返し!大層な盛り上がりを見せました。

7D0A25190321.JPG

ご来館の皆様、本当にありがとうございました。

本公開は2014年中を予定しております。
皆様からいただいたアンケートも参考に、よりよい映画となるよう
この先も創意工夫を凝らしながら、一般公開に向け頑張ってまいります。

最終的にどのような形になったのか、「どれどれ見てやるか」と、
映画館まで足をお運びいただければ幸いでございます。
またその際には、ご家族ご友人にも、ぜひとも声をおかけください。

今後とも『プレイヤーズ!!』そして『ハローゼア』を
どうぞよろしくお願い申し上げます。


最後に、29日の様子が浜松経済新聞、さらにヤフーニュースにも掲載されました。
ご覧くださいー!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140331-00000021-minkei-l22
http://hamamatsu.keizai.biz/headline/1093/


(写真:大杉征治・片岡知行・小林淳子・浜松経済新聞さん)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92142651

この記事へのトラックバック