2014年08月18日

おっくワンマンライブ、残り2つの動画もアップされました!

鈴木です。

8月1週目から3週にわたり、おっく窓枠ワンマン「音返し2」のライブ映像が
Youtubeに連続アップされるということで、

ドキワクがヤバすぎて3週間ほとんど眠れなかったおっくファン、
巷で言うところの「おっカー」達も非常に多かったのではないでしょうか。


8月頭に公開された第1弾「不眠」を含め3曲、すべての撮影・映像演出・編集を担当させていただきました。
カメラは私のほか、『ハローゼア』撮監の宮川鉄平、
さらに大杉征治、片岡知行、小林淳子が担当しております。


まず先週・第2弾はおっく+ココルカケリアで「太陽」でした。




おっくが太陽を胸に抱いて歌う。
そんなオシャマな映像に仕上がっております。

照明がかっこいいライブハウスって、色んな表現ができて本当にいいですよね。
撮られた映像が、きれいであたたかく、編集していてとても楽しかったです。



そして今週!

第3弾はおっくのギターソロで「佳太と古家の妖怪小僧」でしたー。

ドーン!



間違えましたー。うっかり「蝉の声」貼っちゃいましたー。

おっくさんのサムネイルが「妖怪もじゃギター小僧」に見えちゃったせいですね。
うっかりうっかり。


・・・・・・この「蝉の声」なんですけどね。
これは私の作品とかではなく、別の方が制作されたものです。
少し前におっくご本人がブログで取り上げておりまして、
なんか自ら「ヒドい」と自虐ネタのように語っておりましたがね。

実は私は気に入っておりまして。すごく考えられて作られてるんですよね、これ。
宮川がうちに泊まりに来たとき、二人で感心して観ていたくらいなのです。

画質とか表面的なクオリティに左右されがちですけど、制作者の意図を汲み取れば、
ミュージックビデオを撮る上で失ってはいけないものをちゃんと維持しているように思えます。

単純に、予算と手法の話なんじゃないかな?悪くないビデオです。何よりまず曲がいい。

しかも今月、愛知県『エフエムキャッチ/Pitch FM』で、Monthly Best Pitch Numberに選ばれた、
というじゃないですか。これってめっちゃプッシュされてるってことでしょう?
素晴らしいですね。



さて改めて、こちらが今週の動画。
「佳太と古家の妖怪小僧」です。


曲を聴くだけでストーリーや登場人物たちが頭に浮かんできますね。
とってもかわいくて、ドラマのある曲です。

フィンガーピッキングデイ2014東日本『最優秀賞』、全国『楽曲賞』を獲得した、
「佳太と古家の妖怪小僧」ぜひご覧くださいませませ。

posted by STAFF at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | MV / PV / CM
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102501307

この記事へのトラックバック